患者最優先の医療に向けて 患者最優先の医療に向けて 「日本における倫理的連携のためのコンセンサス・フレームワーク」に署名(2018.8.2)

2018年7月18日~20日の3日間、東京アメリカンクラブにおいて「2018 APEC ビジネス・エシックス・フォーラム(東京会議)」が開催されました。このフォーラムは、APEC が策定した倫理原則コンセンサス・フレームワークを普及させるために、APEC各国の患者団体・医療関係者・製薬団体関係者・医療機器 団体関係者・行政関係者・企業が一堂に集まり開催されている会合です。今回、日本の患者団体からはJPAと全がん連が招聘されました。
会合では医薬品に関する共同セッションやワークショップなどさまざまなプログラムが進行していき、最終日の7月20日には「日本における倫理的連携のためのコンセンサス・フレームワーク」の調印式があり、患者団体を代表する立場の一人として森幸子代表理事が署名を行いました。森氏は「これが各分野に浸透し、患者のことを最優先に考えたより良い医療になることを願います。」とコメントしています。

 全体報告

 資料(日本における倫理的連携のためのコンセンサス・フレームワーク)

詳細は下記をご覧ください。
http://nanbyo.jp/betusite/consensusframework/index.html

左からJPA 森氏、全がん連 天野氏、看護協会 川本氏、日薬連 宮島氏、日本医療機器 松本氏、薬剤師会 山本氏、日本医師会 横倉氏、厚労省 武田氏

2018年8月2日