Japan Patients Association 

最終更新日 2017年3月16日 サイトを掲載しました。
 JPAでは毎年、東日本大震災でとりわけ原発事故で復興が遅れている福島の現状を視察するツアーを企画しています。
 今年は、小回りのきくレンタカーによる視察を行います。若干名(5~8名)の参加者を募集します。
 詳細は、下記をご覧ください。

 実施事業名 3・11東日本大震災 第5回福島を肌で感じるツアー
チラシ 
主 催 一般社団法人 日本難病・疾病団体協議会(JPA)
共 催 福島県難病団体連絡協議会
岩手県難病・疾病団体協議会
NPO法人宮城県患者・家族団体協議会
目 的 被災地で見て聞いて感じたことを家族や知人・友人へ伝え震災のこと、福島のことを語り継ぎ、一人一人ができる支援の方法を考えていきたいと思います。
どなたでもご参加いただけます。
日 程 2017年3月10日(金)~11日(土)(一泊二日)
参加人数 8名程度
 交通手段 レンタカー(10人乗りワゴン車)
参加費 おおよそ1万3000円から1万5000円
  • 費用に含まれるもの:ホテル(夕食、朝食付)
  • 1日目、2日目の昼食及び現地集合地点まで及び解散地点からの交通費は参加者各自負担となります
宿泊先 南相馬市内のホテルを予定
集 合 JR郡山駅西口
解 散 仙台空港


申し込み
用 紙
3・11東日本大震災 第5回福島を肌で感じるツアー
申込用紙   申込用紙
申し込み先 一般社団法人 日本難病・疾病団体協議会(JPA)までメールまたはFAXでお申し込みください。
メール jpa@ia2.itkeeper.ne.jp
FAX 03-6902-2083
 お問い合わせはの電話番号は03-6902-2084です。
 締 切 2017年2月28日(火) 
(ツアーは終了しました)


3月10日(金)
10:00 JR郡山駅西口広場からレンタカーにて出発
→飯館村→仮設住宅→南相馬市内食彩庵にて昼食
11:15 →小高地区(海岸付近、JR小高駅等)→浪江地区取集物館→吉沢牧場
16:30 南相馬市内のホテル着
18:30 同ホテルにて被災患者と夕食・交流会、宿泊
3月11日(土)
09:00 ホテルを出発 
相馬市松川浦→宮城県山元町・JR山下駅跡→閖上地区
仙台空港にて昼食後解散(JR仙台駅には各自空港線を利用)

リンク 
2016年の「福島」を『肌』で感じるツアー」報告(第4回)
2015年の「福島」を『肌』で感じるツアー」報告(第3回)
013年の「福島を『肌』で感じるツアー」報告(第1回)
震災5年 再生の歩み(読売新聞)
東日本大震災(NAVER)
東日本大震災最新ニュース(朝日新聞)
【東日本大震災】国家存亡の危機180秒映像!地震津波の瞬間・原発事故!(YouTube)
 一般社団法人 日本難病・疾病団体協議会(略称 JPA)
     〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-11-2 巣鴨陽光ハイツ604号
     TEL 03-6902-2083 FAX 03-6902-2084 mail jpa@ia2.itkeeper.ne.jp
copyright©2017 Jpan Patients Association all rights reserved.