第15回難病対策委員会最新トピックス 異例の副大臣がフル参加

10月19日、第15回厚生科学審議会疾病対策部会難病対策委員会(委員長=金澤一郎・国際医療福祉大大学院長)が開催されました。協議には、難病対策では異例ともいえる厚生労働副大臣がフル参加する姿があり、同省の難病対策の見直し 続きを読む…

【訃報】畠澤千代子さん(JPA前副代表、全国膠原病友の会前会長)

10月8日、息子さんの住んでいる京都の病院(京都大学附属病院)で亡くなりました。畠澤さんは今年5月までJPA副代表を務め、5月29日の第7回総会で退任されました。昨年秋頃から体調を崩され、一時退院されましたが、その後も入 続きを読む…

JPAが取り組んだ「難病患者等の日常生活と福祉ニーズに関するアンケート調査」(平成22年度障害者総合福祉推進事業)について、外部委員評価の結果、実施された47件中、上位4位に入りました

財団法人北海道難病連申請でJPAが取り組んだ「難病患者等の日常生活と福祉ニーズに関するアンケート調査」(平成22年度障害者総合福祉推進事業)について、外部委員評価の結果、実施された47件中、上位4位に入ったことが、厚労省 続きを読む…

第14回難病対策委員会(9月27日)、新たな難治性疾患対策にむけての議論はじまる

第14回難病対策委員会(9月27日)、新たな難治性疾患対策にむけての議論はじまる! 前日に10年ぶりの疾病対策部会開催、前回に続いて、健康局長が最後まで出席し討論に参加するなど、厚労省の「本気」を示す ○添付資料以外の資 続きを読む…

第45回社会保障審議会医療保険部会(9月16日)で、社会保障と税の 一体改革成案に盛り込まれた「受診時定額負担制度」について議論された

第45回社会保障審議会医療保険部会(9月16日)で、社会保障と税の 一体改革成案に盛り込まれた「受診時定額負担制度」について議論され ました。 資料として、保険局作成の「社会保障・税一体改革成案における高額療養費の見直し 続きを読む…